読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まむせる

思ったこと、感じたことをいろいろ書いていきます

らあめん花月嵐の「嵐げんこつらあめん」まあまあおいしいと思うのだけれども

http://www.flickr.com/photos/26226522@N08/2835449319

[http://www.flickr.com/photos/26226522@N08/2835449319:title=photo by [puamelia]]

ネットでは反対意見が多くみられる。

ぼくも初めて食べたときはおいしいと思えなかった。

 いや、それとも当時はラーメンをよく食べていて自称ラーメン通ぶってたのか、新しくできたラーメンチェーンをなかなか認めたくなかったのかもしれない。

初めて食べてからは、らあめん花月にしばらく足を運ぶことはなかった。

 

数年前からいつの間にかいろんなのところで見かけるようになったらあめん花月嵐。

ほんとにどんどん増えてきている実感があった。

ものすごい成長スピード。

ちょっと前の鳥貴族のようにいつの間にかいろなところにできていた。

 

順調に拡大していくらあめん花月嵐。

フランチャイズ展開もしている。

ぼくは気になっていながらもなぜか変なプライドがあって行くことはなかった。

 

そして最近、ちょっとラーメン食べたいなと思ってらあめん花月嵐に行って食べてみたらおいしいと気付いた。

ものすごく満足できる味ではないけど、まあまあ満足でイヤではなくてたまに食べたいくらいのレベル。

それからたまに食べるようになる。

 

嵐げんこつらあめん 

f:id:mamuseru4:20160313110024p:plain

http://www.kagetsu.co.jp/menu/regular/genkotu_shoyu.html

花月嵐ブランドを北は青森、南は沖縄と日本全国200店以上まで拡げた、その第一の立役者。花月嵐に来た大多数の人が注文する一杯である。その製法は良質なげんこつを長時間じっくりと煮込み完成するスープに細かいツブツブ状の背脂を浮かべることで、ワイルドな見た目に反し、まろやかにしてまとまりのある味わいが誕生する。期間限定ラーメンが目白押しの花月嵐の中でも、誕生以来、不動の人気No.1の地位を確立している。そして遂に、この味が07年世界進出の第一歩を果たした…。

料金は税込み680円。

中華料理屋のラーメンに比べると高いけど、一般のラーメン屋としては600円台はいいほうかと。

600円台でがんばっているおいしいラーメン屋もありますが、いまは700円、800円台が多い印象があります。

 

人気No.1は「嵐げんこつらあめん」とんこつ味ですね。

ぼくはこれしか食べたことがないです。

 

スープは普通においしい。

まろやかでどちらかというとスッキリしていて飲みやすい。

背脂がそれなりに入っているのでそこが良いです。

 

ぼくは塩分が多いと舌がヒリヒリしてしまうのでいつも味薄めで注文しています。

味薄めでちょうど良いくらい。

 

麺のほうは普通かやや細めくらい。

嚙みごたえがあります。

個人的には太麺が好きなのですが、こちらも弾力があっておいしいです。

麺は結構ボリュームがありますね。

 

トッピングはチャーシュー2枚にネギ、メンマ、のり、たまご。

チャーシューは薄いので期待しすぎないほうがいいでしょう。

680円のトッピングとしては豪華なほうだと思います。

 

他には注文からそんなに時間がかからずラーメンが出てくるのと、水がおいしい。

あとはクーポンがもらえたり。

餃子やニンニク豚めしが無料になるクーポンがもらえることもあります。

 

まとめ 

680円とラーメンにしては高すぎず、トッピングもそれなりに入っていて味も無難。

普段あまり行かない街に来て、ラーメン食べたいけど外したくないってときにらあめん花月があるとそっちにいってしまいそうです。

 

先日に行った駐車場付きのらあめん花月はお昼時で待っているひとがいるほど混んでましたね。

店舗によっては広いところもあってテーブルがあるし、味も安定していて家族連れにはいいかもしれません。

ぼくは日高屋のラーメンとバーミヤンラーメンが好きですが、ここのラーメンも良いですね。

スープに背脂入ってるのが大きいかな。

 

 

よろしければこちらもどうぞ。人気の熊本ラーメンです。

芸能人も御用達”黒亭ラーメン”

 

 

ダンナが今日からラーメン屋?立志編 (バンブーコミックス)

ダンナが今日からラーメン屋?立志編 (バンブーコミックス)

 
ラーメン大好き小泉さん(1) (バンブーコミックス)

ラーメン大好き小泉さん(1) (バンブーコミックス)

 

 

 

blog.mamuseru.com

blog.mamuseru.com

blog.mamuseru.com